サイコシンセシス

change-cloth

たまたま出会うことができ、学んだ心理学が、サイコシンセシス(統合心理学)でよかったと思います。
サイコシンセシスの中でも重要な要素『サブパーソナリティ』の捉え方は、自分自身と向き合うことを格段にラクにしてくれました。

ここでお話ししてみたいのは、自分を変 ...

2017.10.10その他の心理学

自分のことを、とても融通がきかなくて頑固だなと呆れることがあります。納得ができないと前に進まない癖があって。
一方で、したいこと・してみたいことが増えていく、ある意味では毎日幸せです。

物事が滞ってしまうとき、頭の中や心にも、なにかが溜まっていくかんじが ...

2017.3.30サイコシンセシス

サイコシンセシス(統合心理学)の考え方・ものの見方を、ご紹介しています。

このシリーズは、これまで、『サブパーソナリティ』について5回でひと段落し、今回でパーソナル・セルフ(以下“Pセルフ”と表記)についての4回目になります。
未読の方は、下記から(斜め ...

2017.3.16サイコシンセシス

Integration

サイコシンセシスの概念をご紹介するシリーズです。興味のある方、未読の方は、サブパーソナリティとはどんなものなのか、そしてパーソナル・セルフとは?をご一読ください。これらすべてを読んでいただいている前提で、話を進めます。

サブパーソナリティ1|私の内側にいるたくさんの私 ...

2017.3.6サイコシンセシス

brightness

心理学のひとつ、サイコシンセシス(統合心理学)に特有な、人間とその心の捉え方ご紹介しています。
これまででは、『サブパーソナリティ』の説明をひと段落し、セルフ1|気づいている“私” からは、『観察者』や『体験する者』などと呼ばれることもある『パーソナル・セルフ』(以 ...

2017.2.28その他の心理学

like-diary

前回、認知行動療法の代表的なツール『自動思考記録表』をご紹介しました。見ていただくとわかるように、慣れないととっつきにくいし、使いにくさを感じるかもしれない。心の調子を崩す人が増えてから、本屋さんでも認知行動療法の関連書籍をたくさん見かけるようになりました。そういった本には ...

2017.2.24その他の心理学

pencile

自分自身をよりよく理解していくためにも使える、認知行動療法についてご紹介しています。
1回目 出来事や状況という “刺激” に “反応” している私たち で挙げた事例を使って、2回目の頭の中のどの道を通るかで気持ちや行動まで変わってくる のを図を用いてご案内しました ...

2017.2.21その他の心理学

think-about-it

『思考=自分の考え』を切り口として最適化をはかるのに使えるツール、認知行動療法をご紹介しています。
1回目は、出来事や状況という “刺激” に “反応” している私たち として、出来事や状況などの刺激に対し、こんなふうに反応しているという事例を見ていただきました。 ...

2017.2.17その他の心理学

way-to-choose

自分の頭で考えること=思考を最適化することで、気持ちを楽にし、適切な行動に反映させていく認知行動療法の考え方をご紹介しています。
1回目 出来事や状況という “刺激” に “反応” している私たち|認知行動療法1 では、刺激に対してこんなふうに反応することもある、と ...

2017.2.16その他の心理学

toys

ごく普通の日常生活を送っていても、私たちは常になにかしらの刺激を受けています。
「刺激」と聞いて、なにを思い浮かべますか?
肌に感じる暑さや寒さ、衣服のチクチクするかんじ? 車やバイクやテレビなどの物音? 街中や電車内などに貼られているポスターのカラフルな色 ...

2017.2.9サイコシンセシス

kiduki

当ブログでは、心理学のひとつ、サイコシンセシス(統合心理学)をご紹介しています。日本では、メジャーではないものなので、あまりご存知の方がいらっしゃらない。そんななかで、私個人が巡り会ったのも、なにかの縁と言えるかもしれません。
最初はクライアントとして体験し、のちに ...

2016.12.29サイコシンセシス

release

シリーズとして、サイコシンセシス(統合心理学)に特有の捉え方『サブパーソナリティ』とはどういうものかをご紹介してきました。
私たちの心には、生き延びるために生まれたたくさんのサブパーソナリティが存在し、役割を果たすために、逆に私たち自身に不都合となるような働きをして ...

2016.12.17サイコシンセシス

drink-drunk

人はどういった存在なのか?を説明するのに、サイコシンセシス(統合心理学)に特有の捉え方『サブパーソナリティ』をご紹介しています。
私の内側にいるたくさんの私 では、私たちがたくさんのサブパーソナリティから成っていること。それらは私たちが 生き延びるために生まれたもの ...

2016.12.8サイコシンセシス

original-form

問題児となっている部分であって…サブパーソナリティの本来の姿をご紹介します。

2016.11.13サイコシンセシス

生き延びるために

人は、身体を例にあげてもそうであるように、人格も、さまざまな部分からなっています。人の心の中にいる『小さな人格』とも呼ばれるサブパーソナリティ|私の内側にいるたくさんの私について、さわりをご紹介してあります。未読でしたら、ぜひそちらからお読みください。
今回は、もう ...

2016.11.10サイコシンセシス

いろんな部分

サイコシンセシス(統合心理学)では、ひとりの人間を『さまざまな部分』から成っていると考えます。
まず、私たちは、肉体を持っています。肉体は、皮膚や臓器や血液といった、さまざまな部分でできています。心臓は、たくさんの細胞から成っていて…というように、ひとり ...

2016.9.14その他の心理学

to_hands

人が存在するために不可欠なものと云われる「ストローク」についてお話しします。

2016.8.29エッセイ, 心・心理学

talk

「私はゴミ箱じゃないんだよ!」思わず大きな声が出た。仲のよい同僚と話していたときのことだった。

飲みに行こうと誘われて、行ってみたら泥沼不倫の話を聞くことになった。
相談じゃ、なかった。
わかってなかったなぁ、相談じゃなかったのに。
どち ...

2016.8.18サイコシンセシス, 興味を惹かれた物事

バラの花

人間というものにあたたかで優しいまなざしを持つ、アサジョーリとサイコシンセシス(統合心理学)をかんたんに紹介します。

2016.8.13その他の心理学

jurney

自分がどんな物語を綴っているのか、興味ないですか? 私は、もちろんある!ので、今回は自分の物語を探ってみます。一緒にする? よかったら、どうぞっ!

2016.8.1心・心理学

adventure

 私たちは、ふたつの世界を生きている。人によっては、そんな表現をします。ひとつは、“現実”の世界。もうひとつは、“イメージ”の世界。今回は、ふたつ目のイメージの世界をご案内します。イメージワークの手順と事例を二つ、ご紹介します。