最近よく見ていただいてるページはこちら

  1. Skyrim SE に導入したMOD一覧
  2. スカイリムの人だって綺麗になりたい!美化MOD【スカイリムSE】
  3. まっさらに初期化してみる|スカイリムSEをバニラに戻した記録
  4. 仲間がいればもっと楽しい!フォロワーやNPCを追加するMOD【スカイリムSE】
  5. 導入してみてすごくびっくりした!美麗な景色にしてくれるMOD|スカイリムSE

いいんじゃない?

誕生日なんですよ、私。47だって。
実感ないなーと思った。思ってから、実感ってなんだろう?と思った。いるの? 欲しいの? なきゃいけないの? 自分に訊いてた。

実感かぁ… 今日生きてるのが不思議になる。10代では40代の自分なんて想像しもしなかったし、30前後のときには暗澹とした気持ちになったのを思い出す。
想像もしなかった。今日生きてるなんて。
つらつらと想ってるうちに、なんだか実感が出てきた。そうか、実感ってしぜんと湧いてくるものだと思ってたけど、意識するから持つのか。

「歳をとる」より「歳を重ねる」という言い方のほうが好きだ。指し示すのは同じなんだから、言い方なんてどうでもいいんじゃない?と思わなくもないのだけど。
言い方は、ある部分ではとても大事なんだよ。自分がそれをどんなふうに捉えてるかって部分で。
「とる」を嫌うと言うよりは、「重ねる」━━積み上げていくかんじを好む。ひとつずつ大事にできる気がする。だって、これまでの私はとてもとても頑張ってきたのだから。これまでの私自身をねぎらい、大事にしてあげたい。

想像もしてなかったね、しあわせだなんて。
どんどん悪くなっていくんだと思ってたよね。

歳とっていくってことは、最近の言い方だと「劣化」か。たしかに昔に比べれば、しなやかさも俊敏さも衰えていってる。ものを覚えるのに時間がかかり、そもそもアタマに入ってこないかんじがしたり。犬の走るの止まるのにあわせて動こうとしても、即の反応をしづらくなってるのをかんじたり。そう、身体は、間違いなく衰えていってる。体型や容姿もまた。
それって重要?と自分に訊く。別にどうでもいいんじゃない?

10代の、多感で自意識過剰なときから、私は外見で勝負できないとわかってた。それでもそれなりの努力はしたし、憧れももってたよ。人並みにはいろんなことした。
外側のこと、他人からどう見られるか?の他に、私は内側で勝負しようと決めてた。
…まぁ「勝負」とか思ってたのが、ちょっと間違いでもあったんだけど。だって勝ち負けじゃないでしょ。自分の内側のことは、誰か他の人と比べての勝ち負けではないんだし、自分自身には勝ちも負けもない。

私が自分自身にしてあげたことで最も良かったのは、心理カウンセリングに通ったこと。その後で、カウンセリングを学んだこと。
自分を立て直し、作り直し、さらに創りあげていこうとしてることで、根本から変わったと思う。考え方が変わり、感じ方が変わった。死なないようにするだけで精一杯だったのが、生きなくてはと思えるようになり、よりよく生きたいと願うようになり、しあわせに生きていくのも可能なんだと信じられるようにまでなった。
激変じゃないか。すごくいいんじゃない?

私は私になった。
私でないものに、誰かの望む理想の姿になろうとし、ならなければと思ってたのがつらかったんだと、今ならわかる。無理だもん。私は私であって、それ以外の何者でもない。
私は何なのか? ずっと追い求めてきて、すごい遠回りして、戻ってきた。これが私。
遠回りも決して無駄ではなくて、全部で私。そしてまだまだ私は私になっていく。いいんじゃない?

10年後は、どこにいるだろう? 何をしてるだろう? どんなことを感じるようになってるんだろう? 想うと、しあわせだ。
生きることの可能性を信じられて、よりよくなっていくんだと期待できる。私の内側は、もっともっと深まっていってくれるんだろう。
歳を重ねるって素晴らしい! どんどんラクになっていく。とってもとっても、いいんじゃない?

Yeah! Happyday today!

The Cranberries – Dreams