ブログを読む楽しさって?「有益なコンテンツ」は情報だけじゃないよね?

2016.7.13

たくさんの方のブログを拝見しています。それでね、なんとなくモヤモヤと想うところがあるんです…
自分がこのブログ NyanChest を始めてから1月ちょっとで、これを書きました。半年経ってから、もう一度、考えてみました。
言いたいことは、タイトル通りです。マニュアルやノウハウが溢れるWebにあって、私自身が本当に望むのはもっと別のものでした。ブログを作っていく側として望むものと、好きだから読みたいからという立場で望むものは、まるっきり違っていました。

chocolate_pc

有益なコンテンツを探しています

インターネット上には、たくさんのサイトがあり、ブログがあります。私自身、何のためにそういったものを見るのかというと、主に調べものをするため。役に立つ情報を得るため。だから、いろーんなところで「読者のために有益なコンテンツを作成しましょう」と言われている意味は、よくよくわかります。検索一覧から見に行ったページが「なにこれ」だと、本当にがっかりしますからね。
知識不足・経験不足の私にとっては、知らないことを知ってる方たちが存在してくださるというのは、とてもありがたいことです。ココロのなかで感謝しつつ、調べたのを自分のところで実際にやってみて・試してみて、記事にしてます。自分の忘備録として。そして、できれば、これからの方に役立ててもらえるといいなーとも思いながら。いつのときも先駆者はいて、いつのときも初めてさんはいるから。

余談:
当ブログを作っていく過程でしてきたこと、見つけたサイトさんの紹介は、以下から一覧でご覧いただけます。

作業はたのしい。もともと細いことが好きで、見た目重要!と思っています。自分のブログが少しずつ変わっていくのも、とっても嬉しい! まだまだ、あーだこーだやりたいことは いっっっぱいあります。将来がたのしみー!って思ってます。
一方で、ふと 虚しさを感じるんです…「有益なコンテンツ」って、情報だけなの?と。

有益なお役立ちサイト・ブログはたくさんあるけど

「えー、知らなかったー!」は、確かに価値のあることです。実際、やりたいことをどうやるか教えてもらって、とってもありがたい。私の知らないことを教えていただきたい。私がしたいことをできるようにする、具体的な方法をもっと教えていただきたい。その部分は、そのままもっと行っちゃってくださいってかんじです。
検索でめぐり逢うものだから、目的を満たしてもらえれば、文句なんてなにもない。それ以上なんてゼイタクだと思うけど…
それについて書くのは、人じゃなくてもいいんじゃない?と、感じるものが散見する。つまり、個性のない、どこかから切って貼って作ったでしょ?とも思えるようなものも、たくさん見かけます。
私自身、プラグインの使い方とか、私が書く意味はあんまりないよねと思っています。どこかで誰かが、もう既に書いてる。個性がないものになるのなら、書かないでいた方がマシ。そう思いつつ、書いてます。

有益さにないもの・たりないもの

文章だけだって、その人固有の空気とか温度とかって、伝わるものだと信じてます。なのに、それが感じられないのが多い気がする。おおげさな表現をするなら「人が書いてるんだよね?」と確認したくなるような。
『ブログのプロフィール欄はしっかり作っておくべし』と言う人が多いです。なぜ人はプロフィールを見るのか? 人は人を感じたいんだよね?
検索で飛んでって目的のものがなくても、私はプロフィールを見ちゃいます。興味があるから。なぜ、興味があるのか? 好きになれる人か、どうかを知りたいから。その人の温度・空気を感じ取りたくて。
有益さって、使える情報があるかどうかだけじゃないと思うんです。

好きな人は有益な人

せっかくいい機会だもの、いろんな人を知りたい。それで好きになれる人がいっぱいできたら、なお嬉しい。
でね、考えてしまうのが、お役立ち情報じゃなくて、その人の考えとか思いを感じてることができるブログって、どうやって探したらいいんだろう?ってことです。
いつかどこかの誰かがこれを見てくれて、オススメを教えてくださることを願います。
教えてね?

その人自身が有益なコンテンツ

その人となり・その人の考え方・人生そのものが、有益なコンテンツになりえるよね? ひとりの人間の、どう生きてきたかという物語に、私は一番心惹かれます。
この人、素敵だ! そう思って感動したい。
半年で数人、見つけました。もっと増えていって欲しい。もっと、見つけたい。そして、紹介したい。そう願っています。もちろん、この NyanChest と、私自身もどこかで誰かにそう思ってもらえるような存在になれるよう、あれたらと望んでいます。

さいごに

ひとことで言えば『有益なコンテンツ』 は、近頃 『お役立ち情報』にカタヨッテるね!です。ちょっとスッキリしたかな。
日本人は、世界的に見てもびっくりするほどブログ人口が高いそうです。けれど、ブログをしていない人もいる。そういう人が読んでも「おもしろい」や「興味深い」を感じてもらえるような“有益”を、もっと考えてもいいのではないかと思います。作る側の立場と、読むだけの側の立場では、望むものが違う。それが「読者のことを考えて」とか言うやつなんでしょ?
私はこうしてブログをしていますが、イチ読者としてお願いします。どうか、もっと、あなたという物語を教えてください
※ 個人情報晒せって言ってるわけではないですからね。

ゆっちゃったけど自分のとこは大丈夫ですにゃの?
アバター画像
アバター画像
Nyanが本当に書きたいのも『物語』なんだと、わかったんじゃない?