最近よく見ていただいてるページはこちら

  1. スカイリムの人だって綺麗になりたい!美化MOD【スカイリムSE】
  2. MODで追加したクエストが進行不能になっちゃった!対処した方法の覚書|スカイリムSE
  3. まっさらに初期化してみる|スカイリムSEをバニラに戻した記録
  4. 導入してみてすごくびっくりした!美麗な景色にしてくれるMOD|スカイリムSE
  5. n週目のニューゲームに役立つコンソールコマンドとMODの覚書き|Skyrim SE

Legacy of the Dragonborn のセーフハウスが素晴らしすぎる!スカイリムSE物件案内3

2020.2.5

家を追加してくれるMODが大好きで、何軒も導入してきました。Twitterでハッシュタグを作り、私以外の方々にもご参加いただいてご紹介しています。→ #スカイリムの物件案内

今回のは有名な大型クエストMOD、Legacy of the Dragonborn (以下 LotD と表記)のプレイヤーホーム「セーフハウス」なんですが、ブログで!ご紹介しようと思うほどすごい物件でした。
いつもヒトの迷惑考えずいくつもスレッドつなげてツイートしてますが、もうこれはさすがに無理なのでブログで。というぐらい画像いっぱい載せていきます。

ああそうそう、ネタバレありでお送りしますのでご了承ください。

はじめに

物件案内ですので、LotDというMODがどんなにすごいか楽しいかについてはお話ししません。もしよかったらTwitterの私のアカウント( @NyanChest_info )をフォローしていただけますと、キャッキャと遊んでるのを見ていただけるかと思います。ちょっとした情報はもう、ツイートが早くて簡単で良いです。

とはいえ、リンクのみ載せておきます。
 日本語の Skyrim Special Edition Mod データベース → Legacy of the Dragonborn SSE
 英語の Nexusのページ → Legacy of the Dragonborn SSE
 英語の LotD Wiki → the Legacy of the Dragonborn Wiki

では、私の見た範囲ではありますが、画像でご紹介してまいります。
以下の画像の小さいものは、クリックで大きくしてご覧いただけます。

セーフハウスは買うのではなく、もらえるもののようです。私のばあいは、配達人から手紙と鍵を受け取りました。

セーフハウスの1F部分

セーフハウスがどこにあるのかわからなくて、博物館内を移動できる本を開きました。行き先候補に追加されていたので、それで到着したのがこの位置。居間と言っていいようです。
画像下が出入口。
すぐ左壁の扉はダイニングへ。左回りに壁沿いに、仕事部屋への扉、バルコニーへの扉が2つ、小さな武器庫への鉄格子扉あります。

逆側から見たところ。2Fへの階段があるのがわかります。

では、左回りにぐるっと壁沿いに見て行きます。

出入口すぐ左の扉を開けると、ダイニング。

ダイニングとキッチン

ダイニングの正面に見える扉から、キッチンへ行けます。

画像で窓がふたつあるのがご覧いただけると思います。その間に暖炉のようなものがあるんですが、覚えておいてください。

キッチンへ行く前に、食器棚を見てください。
ガラス扉を開けると『調べる 銀の食器棚』と出るので、持っている銀食器をしまえば飾ってくれます。

キッチンへ。
正面のカウンターの下が、調理済みと生もの、別々の収納になってます。

カウンターの上に水道の蛇口。作動させれば水が出ます。

カウンター下の収納で分けたものは、画像は生もののクーラーですが、こんなふうにしまわれているのを見られます。

その他も、自動で収納してくれる。いいなぁ好きだなぁ。

キッチンはこの辺りで。
キッチンからさらに、温室へ行きます。

温室とバルコニー

とても気持ちのいい、ガラス張りの温室です。夜もまた素敵なんですよ!
肥沃土がたくさんありますので、錬金素材も食べ物も、植えちゃってください。

抜けて行けば、バルコニーへ出られます。
ブルーパレスが目前です。いいですよね。

温室から出れば、セーフハウスの2Fへ上がる外階段があります。

では、温室、キッチン、ダイニングを順に抜けて居間に戻ります。
面倒だったら、バルコニーから直接居間に入れる扉もあります。

仕事部屋

居間に戻ったら、暖炉に向かって右側の扉から、仕事部屋へまいりましょう。
ここもすごいんです。

男女、両方のマネキンがあるのに驚きます。だけじゃないんです。

左手が鍛治コーナー。溶鉱炉まで一通りあります。

隣が付呪コーナー。通常のと解呪用、杖のと、それから魂石のたとえば小魂石いくつかで中魂石にしたりできるものがあります。

そのまた隣が錬金コーナー。

上の画像だと左下のあたり、扉を入って左壁にあるこれ。私にはまだ使い方がわからないんですが、画像右下に写っている本で設定ができるようです。

本館の方にあるレプリカの作成台もありました。
たしか、自動展示の箱もあったような気がします。
ここでほとんど全部が済むのは嬉しいですよね。

仕事部屋を後にして、再度、居間に戻ります。

武器庫

窓を挟んで2つ、外へ出る扉があります。バルコニーへ出られます。
バルコニーからは、セーフハウスの2Fへ行くこともできますし、博物館の勇気の間の玄関ホールへ行くこともできます。

ダイニングから、居間を真っ直ぐ進んできた壁に、鉄格子扉があります。ちょっとした武器庫です。

壁沿いに、種別の収納です。
画像に写っている宝箱は、売却品を入れるもののようです。Wikiを読んだところ、ここに入れたものを自動で売ってもらえるようにできるみたいです。

セーフハウスの2F部分

居間の階段から、2Fへまいりましょう。
メゾネット式のお部屋、いいですよねぇ。

2Fには3室があります。向かって右がフォロワーの部屋で、中央が主寝室、左手は子供部屋です。家族で住むこともできるんですね。

右奥、フォロワー部屋の前に、読書コーナーがあります。
椅子に座ると、博物館の蔵書の中から選んで読むことができます。
こうした仕掛けがたくさんあるのも、このセーフハウスのすごいなぁと思うところです。

フォロワー部屋と子供部屋

フォロワーの部屋。ベッドは4台だったと思います。
画像右手にバーコーナーがあり、床に落とし戸があります。ゲームルームへ行けます。

見るだけで楽しい、ミニチュアがたくさん置かれたゲームルーム。

2F上がって左手には子供部屋。
ベッドは6台だったと思います。

主寝室

中央の主寝室です。
すぐ左手にはバスルーム、奥に仕掛けのあるタンス、その横にウォークインクロゼットの扉。入った右手にはダブルベッドが1台置かれています。運命のカードを収納する場所もありました。

ゆったりしたお風呂にはバルブがあり、作動させればお湯が出てこのようにあったかそうな湯気が立ちのぼります。旅の疲れも癒そう。自動脱衣ではないようでした。

バスルーム出た正面にダブルベッド。その左手にはアクセサリー収納と、洋服の収納。
普段着る洋服や鎧、そして水着は、別のタンスにしまうのがいいです。なぜなら…

主寝室に入って奥まで進んだ壁際のタンス。引き出しにカーソルを合わせると、シーン別・組み合わせ別にしまうようになってます。必要に応じてしまっておくといいと思います。
画像に『追加/削除 装備変更パワー』と出ています。呪文を習得すると、シャウトでこの場所にしまったセットのどれかを選択し自動で着替えられるようになります。
しまったセットはイベントリから取り出されるようなので、荷物が減ります。外でも着替えられるのかどうかは、まだ試していません。

主寝室奥の扉を開けると、ウォークインクロゼット。置かれたタンスにはマントをしまうようになっているようです。壁から突き出た棒に、マントがかかるみたい。Wikiで知りました。

この他に、Wikiには財宝室?があると書かれてました。私には見つけられていません。

秘密の通り道

セーフハウスの見取り図になれば、と地図を開いてみたら、秘密の通り道があるのを見つけました。どこにあるんでしょうか?

ダイニングルームをご案内した際、暖炉のようなものがあるのを覚えて置いてくださいと言いました。秘密の通り道は、そこにあります。
数本置かれた薪を取り除き、右手壁の引き輪を引っ張ると壁が上がり、この落とし戸が現れます。

落とし戸から道なりに進んで出たのは、博物館玄関の脇でした。ここを使えば、直接セーフハウスに出入りできますね。便利だ。

これで一通り、私の見た・気がついたもののご紹介は終わりです。

さいごに

広々として快適で、仕掛けもたくさんあって楽しいLotDのセーフハウス。私は本当にとってもすごく気に入ってしまいました。
すばらしいMOD、Legacy of the Dragonbornでの旅は始めたばかりで、まだまだたくさんの楽しみとよろこび、新鮮な発見や驚きを味わえることかと思います。わからないことがたくさんで。
セーフハウスに限っても、主寝室にあるらしい金庫室を見つけられていません。絵画をかけられる場所があるらしいし、改装もできるとか?
そうそう、LotDで追加された場所・物で、わからないやつに出会ったら、Twitterモーメントにまとめて行くことにしました。こちらももしよかったら → Legacy of the Dragonborn 後でわかるのかな?集

最後のさいごになりましたが、MOD制作チームはもちろん、日本語の訳をしてくださった方、関係諸氏へ心からの敬意をもって賛辞と感謝を申し上げます。
ますます楽しいスカイリムをありがとー!!!