最近よく見ていただいてるページはこちら

  1. 2018年イチオシの国産WordPress無料テーマは Luxeritas
  2. プラグインでここまでできた!Shortcodes Ultimate (例2)目を引く著者情報を作成
  3. Luxeritas にしてみて気をつけるといいかもしれないこととか
  4. 挑戦してみる!Stinger8カスタマイズ1|トップページ編
  5. 『AdSense を収益源として確保できるよう ads.txt ファイルをご修正ください 』メールに対処

過去記事の投稿時間も最適化できる HYPE Social Buffer|その3 有効活用編

2017.4.25

その1 こんなこともできちゃう編 で、バックりとできることをご紹介しました。その中に、その2 登録編 で続けて設定したプラグインでは、できないことがあったのにお気づきでしょうか?
Twitterに投稿するタイミングの最適化は、buffer サイトで設定します。
ここでは、自動投稿をもっと活用するために、サイトでできることをご案内します。

bufferサイトで最適な活用を

ますは、サイトを開いてください。
https://buffer.com/ ← このリンクは別窓で開きます。

以下の画像はクリックで全体がご覧いただけます。

ログインすると、ダッシュボードが開きます。
ここでは、明日以降の投稿予定を見ることができます。Suffle したり、並べ替えたりが可能です。

左側に接続しているSNS。
上部のタブは、4つ。
その上、右隅に『My Account』があります。

 
『My Account』をクリックすると、
●メール設定
●アクセスとパスワード設定
●時間と日付の設定
●アップグレード…
などが選択できます。
このあたりは、いじらなくても大丈夫ですが、一度は見てみてください。
どれかを開くと、左側に 『<Dashbord』が出ますから、いつでも戻れます。
 
残り3つのタブを順番にご案内するですにゃの

自動投稿の解析

 

『Analytics』
無料で見ることができるのは、30日間の間にどの記事が投稿されたのかなど、画像のようなものだけです。
有料だと、もっといろいろ知ることができるんだなぁとわかります。

 

投稿する時間を選ぶ

『Scheduule』
プラグインで設定した投稿数が反映されています。
でね、時間をここで設定できるんですが、ありがたい機能があります。
右上の部分『Tokyo – Asia』になっているのを確認してから、下の赤丸『Try our Optimal Timing Tool』をクリックしてください。

 

こんな画面に切り替わります。
アカウントを確認して、
『Number of times to post each day』で、1日にいくつ投稿するか選択してください。
『Calculate times』をクリック。

 

これ!すごくないですか?
何時に、どのぐらいの人が見ているのか、グラフが出ます。

このときは1日4回投稿するよう選びました。
左側に時間が、分単位まで出てますね。

このまま『Replace Existing Schedule』をクリック。

 

元の画面に戻ったかと思いきや、先ほどの投稿時間が設定されています。
もちろん、7時ぴったりにするなど、調整もできます。

上にブルーのタブ、曜日が出てますので、日曜は投稿しない等も設定できます。

『Add Posting Time』クリックしておきましょう。

 
これが使えるだけでも、すごいにゃんと思いますにゃの

Settingタブで短縮URL設定

Setting タブをクリックすると、画像のようにプルダウンします。
使うとしたら、Link Shortening でしょうか。

 

buff.ly の他にも、選択ができることがわかります。
bit.ly を好む方もいるのではないですか?

私は使っていないので検証していませんが、Googleアナリティクスのキャンペーンでも計測できるみたいですね。

 
ざっとご案内したですにゃの

さいごに

過去記事は、投稿しておけば、日の目を見ることもあります。フォロワーさんが多ければ、なおさらね。
暇つぶしに目についたものを読む、なんてことは、私もします。
せっかくですもの、効果的で、なおかつ迷惑にならないやり方で、成果をあげたいものですね。