最近よく見ていただいてるページはこちら

  1. 雨の日に聴きたい14曲|洋楽バージョン
  2. 『AdSense を収益源として確保できるよう ads.txt ファイルをご修正ください 』メールに対処
  3. 2018年イチオシの国産WordPress無料テーマは Luxeritas
  4. Luxeritas にしてみて気をつけるといいかもしれないこととか
  5. 『Ranklet』アナリティクスと連携して人気記事を表示できるWebサービス

WordPress最初にすることの中から2つ|Ping送信設定とサイトマップ

2016.8.14

 Twitterで見かけて、おせっかい焼いてしまった。
 ヒトに教えられるほどの知識や技術はないけれど、自分がしていることを公開することはできるよね。
 今回はWordPressの初期に設定した方がいい、「Ping」と「サイトマップ」についてです。

study

Pingとは

 改めて調べてみたら、送るだけのものじゃないのね。私の理解の範囲では、「疎通」するためのプログラム。
 例えば、特定の誰かに携帯で電話をかけるのをイメージしてみる。発信すると、呼び出し音が鳴ってるのが聞こえて、その後ふつりと途切れる。普通なら「もしもし?」とか相手の声が聞こえるよね。呼び出し音は切れてるのに、相手の声が聞こえてこなければ、「あれ?」電波悪い?とか思ったりする。それが国際電話だとしたら、ローミング大丈夫?とか時差があるのかな?(違っ)とか考えて、そのままつないでおいて大丈夫かいったん切るべきか判断するでしょ?
 かんたんに言えば、送ったのが返ってくるかどうか、その時間の長さはどうかによって相手とつながってるかどうかを判断するプログラムがPing。
 …私なりの理解で言い切っちゃったけど、もし違ってたら…コメントで教えてください。

Ping送信の目的

 上記の「Ping」と、「Ping送信」では意味が違ってきます。
 ブログが記事を投稿したとき、タイトルや概要、URL等の情報を「PINGサーバー」に送信してくれる機能のことを指します。
 かんたんに言うと、「記事書いたからよろしくー」の告知?挨拶?です。かんたんすぎっ。
 無料のブログサービスを使ったことがあるならよく知ってるでしょ。そこのトップページの新着一覧にいろんな人と混じって、自分の記事も出るよね? そのブログサービスに所属してるから、自動で載せてくれる。
 WordPressのブログは? どこかに所属してる? ブログポータルと呼ばれるようなサービスに所属してなければ、大海原の無人島で一人ポツーんな状態です。ここに私のブログがあるのー!って叫んでも、誰にも気づいてもらえない。せめて現住所は登録して、居場所だけは調べればわかってもらえるようにしとこうか。…これ、あくまでイメージね。

Ping送信の設定

 どこに送ればいいのか? Pingサーバーと呼ばれるところへ送る。相手先は決まってるから。
 いきなり変更になったり、無くなったりすることもあるみたい。その年の送信先を調べるのが一番いいみたいよ。
 送信設定の方法は、大きくわけて2通りあります。①WordPressの管理メニューで直に設定するか、 ②送信サービスに登録する。あと、プラグインもあるって教えてもらいました。
 ここでは、私が実際にしている①と、この間までしてた②で説明します。

①WordPressでの設定

 基本、コピペだけだから、やっちゃって?
 左側の管理メニュー設定投稿表示から。

Ping

 これが今、私が設定してあるの一覧。上から二つ目までは、blogramとブログ村の登録だから、私オンリーの送り先です。
 blogramについては、別ページ見てね。

前述の通り、送り先は変わるかもだから、「2016(←当年) ping」でググるといいです。ちなみに、今調べたら

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://www.hypernavi.com/ping/
http://rpc.pingomatic.com/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/

http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/

http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
こんなかんじ。よかったらコピペで持ってって。

注意!

 過去記事でも、ちょっといじって『更新』すると、そのたびにpingは送信されます。仕様なの。1度2度ぐらいは、私的にはかまわないんじゃない?と思ってますが、もしグーグルさんの評価に影響するかもってのが気になるようだったら、
管理メニュー設定表示設定

表示設定

やってから、いじるといいかも。終わったら、チェック外して設定を更新するのを忘れないでね。ここにチェック入れてあると、グーグルさんにインデックスしてもらえなくなっちゃうって話もあるから。今のクローラーは優秀で、不可能ではないみたいだけどね。

ping送信サービス『PINGOO!』の登録

 やってみた結果としては、WordPressに直登録してるなら、ほぼ必要ない。
 そうじゃないばあいには、すごく優秀な、ありがたいサービスです。自分でメンテナンスしなくて済むし、一回送ってエラーになっちゃった相手先があったばあいには、自動で送り直してもくれるみたいだし。重複して送るのを避けてくれるようだから、WordPressで設定してあって、さらにこのサービスを使っても大丈夫。
 PINGOO!の登録は こちらから どうぞ。登録が必要だけど、無料のプランがあるからね。
 今まで気にしてなかったけど、FacebookやTwitterにも自動投稿してくれるのかな? プラグイン不要になっていいかも。…使おうかな…

サイトマップ

 私、サイトマップ作っておくのを忘れるんだよね。サーチコンソール登録して、「エラーなんだけど、なんで?」ってなる。

追記
TwitterのDMで、優しくやさしく指摘してもらったので追記します。Kanamiさん、ほんとにありがとう!
サーチコンソール用のサイトマップは、プラグイン『Google XML Sitemaps』で作ります。サイトマップつながりで、人間用のヤツも作ってないやって思い出すの。
サイトマップは種類がふたつあって、両方作る。人間用のヤツを以下のやり方で作ります。

 『PS auto sitemap』プラグインを使うのが一番かんたん。
 先に固定ページをひとつ作っておく。IDをメモしておくこと!

スクリーンショット 2016-08-14 8.25.58

 プラグインを有効化したら、管理メニュー設定PS auto sitemapで好みの設定して、さっきメモしておいたIDもここで入力して、一番下の赤丸部分をコピー。
 もう一回固定ページに戻って、上の図にあるね、貼り付け。

pas1

 公開すれば、これだけでサイトマップの完成。

さいごに

 私自身が忘れやすい、最初の設定をご紹介してみました。いつか書いとかなきゃなー、また忘れるなーと思ってたヤツ。
 きっかけくれたツイートに感謝っ!

ぴんぐもNyanもやりとりが必要ですにゃの